読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gitで最近コミットしたブランチを探す

git

gitを使った開発で複数のブランチが平行で走っていて、チェックアウトしようとしたときに「アレ名前なんだっけ」と忘れることがよくある。 適当なブランチ名をつけているわけではないんだけど。ちなみにブランチ名はこんな感じでつけてる。

  • feature/<GitHubのIssue番号>/<機能を表す名前>
  • hotfix/<GitHubのIssue番号>/<修正対象機能>

たとえば、feature/1234/optimize-top-page

最近コミットしたブランチの一覧

git for-each-refを使えば良いことが分かった。

git for-each-ref --count=10 --sort=-committerdate refs/heads/ --format='%(authordate:iso8601) %(refname:short)' 

上の例だと、

  • ローカルのリポジトリ
  • 最近のコミット順に
  • フォーマットは、iso8601形式の日時 短いブランチ名
  • 10件取得する

という意味。

git for-each-refのドキュメントを見ると、フォーマットには%(subject)%(authorname)なども指定できるみたいなので、いろいろできそう。

.gitconfigにaliasとして追加した

[alias]
mru = for-each-ref --format='%(refname:short) (%(authordate:relative))' --sort=-committerdate refs/heads/

便利。

pecoのsourceにした

hagiyatさんのzshrcからそのままコピーさせていただきました。

github.com

#!/bin/zsh

function peco-git-branches () {
  # exists? .git/
  git rev-parse --git-dir >/dev/null 2>&1
  if [[ $? == 0 ]]; then
    local selected="$(git for-each-ref --format="%(refname) (%(authordate:relative))" --sort=-committerdate refs/heads/ refs/remotes/ refs/tags/ | sed -e "s/^refs\///g" | peco --query "$LBUFFER" --prompt "[GIT BRANCH] >")"
    if [ -n "$selected" ]; then
      local branch_type=${selected%%/*}
      local branch_name=${selected[(w)1]#(heads|remotes|tags)/}
      case "$branch_type" in
        "heads"|"tags")
          BUFFER="git checkout $branch_name"
          zle accept-line
          ;;
        "remotes")
          BUFFER="git checkout -t $branch_name"
          zle accept-line
          ;;
      esac
    fi
  fi
  zle redisplay
}
zle -N peco-git-branches

かなり便利。

bashzshで文字列操作する方法いろいろ

tim.vanwerkhoven.org とても勉強になった。すぐsedとかしたくなっちゃうので。